過去・現在・未来 -くらしの仏教語辞典-

 過去・現在・未来は時の流れを表す日常語です。

 仏教では、これを「三世(さんぜ)」といいます。過去は過ぎ去ったもの、現在は生起したもの、未来はいまだ来ないものという意味です。

 三世は過去・現在・未来のほかにも。前世・現世・後世ともいい、略して「過現未(かげんみ)」とか「己今当(いこんとう)」ともいいます。

 しかし、これらの言葉には、どこにも「時」という語が見当たらないのです。

 それは、仏教では、時間というものを実体としてあつかわず、存在するものの変遷としてとらえられるからなのです。その過程の上に、仮に三つの区別を立てているにすぎないと説きます。

 仏教は、その三世の中でも、現在を問題にします。

 それは、過去は現在の原因として、未来派現在の結果としてあるものだから、現在がすべてだ、と考えるからです。

 お寺の門の脇の掲示板に、こんな言葉を見つけました。

 「過去を悔いず、未来を待たず、現在を大切にふみしめよ」

『くらしの仏教語豆辞典』より抜粋

カテゴリー: くらしの仏教語辞典   パーマリンク

コメントは受け付けていません。