法語カレンダー解説」カテゴリーアーカイブ

2020年9月のことば 自分のあり方に痛みを感ずるときに 人の痛みに心が開かれる

心に感じる痛み 私は大学のソフトボールの試合をときどき観に行きます。面識のある保護者の方々と、選手の調子や対戦相手の状況などを話しながら観戦します。保護者の方は、わが子たちのプレーに一喜一憂しながら、勝てば歓喜の笑みを浮 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2020年9月のことば 自分のあり方に痛みを感ずるときに 人の痛みに心が開かれる はコメントを受け付けていません。

2020年8月のことば 念仏もうすところに 立ち上がっていく力があたえられる

報恩知徳の道 今月のことばは、西元宗助先生が『み仏の影さまざまに』(樹心社)のなかで述べられた一文です。 酉几先生は、『歎異抄』第四条について触れられた後で、 けだし、聖人がここで「念仏もうすのみぞ」と仰せになる、その念 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2020年8月のことば 念仏もうすところに 立ち上がっていく力があたえられる はコメントを受け付けていません。

2020年7月のことば 人間は死を抱いて 生まれ 死をかかえて成長する

死のカウントダウン 今月のことばは、信國淳先生の「人間は死を抱いて 生まれ 死をかかえで成長する」です。信國先生は、一九〇四(明治三十七)年に大分県宇佐市にお生まれになり、一九八〇(昭和五十五)年にお亡くなりになりました … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2020年7月のことば 人間は死を抱いて 生まれ 死をかかえて成長する はコメントを受け付けていません。

2020年6月のことば 人が何よりも 執着せんとするものが 自己である

苦しみの原因 毎田周一氏は、石川県金沢市ご出身で、明治から昭和にかけて活躍された仏教思想家であり詩人でもあった方です。今月のことぼけ、毎田氏の逝去後にまとめられた『毎田周一撰集』第六輯の『釈尊の心 一真海』(一周会、一九 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2020年6月のことば 人が何よりも 執着せんとするものが 自己である はコメントを受け付けていません。

2020年5月のことば いだかれてありとも 知らずおろかにも われ反抗す大いなるみ手に

大いなるみ手に 今月のことばは、九條武子夫人による短歌です。武子夫人は、本願寺第二十一代・大谷光尊さまのご息女としてお生まれになられた方です。またこの言葉は、武 子夫人の逝去後に、大谷嬉子お裏方さまによって編纂された『九 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2020年5月のことば いだかれてありとも 知らずおろかにも われ反抗す大いなるみ手に はコメントを受け付けていません。

2020年4月のことば お念仏というのは つまり自分が 自分に対話する道

南無阿弥陀仏 明治から昭和にかけて活躍された僧侶は多くおられますが、曽我量深師はそのなかでも特に知られた方の一人です。浄土真宗の一宗派である真宗大谷派の僧侶で、学者でもあり仏教思想家でもありました。 今月のことぼは、真宗 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2020年4月のことば お念仏というのは つまり自分が 自分に対話する道 はコメントを受け付けていません。

2020年3月のことば 本当のものがわからないと 本当でないものを本当にする

生い立ち 今月のことばは、『信仰についての対話』(大法輪)から取り上げられた法語です。 『信仰についての対話』は、I・Ⅱと二冊が刊行されており、これはそのIのなかにある安田理深師の言葉です。 兵頭格言さんという四国宇和島 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2020年3月のことば 本当のものがわからないと 本当でないものを本当にする はコメントを受け付けていません。

2020年2月のことば 生のみが我らにあらず 死もまた我らなり

生い立ち 今月のことぼは、明治時代に発刊された雑誌『精神界』の所収論文で、「絶対他力 の大道」に出ているものです。 我等は死せさる可からず。我等は死するも尚は我等は滅せず。 生のみが我等にあらず。死も亦我等なり。我等は生 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2020年2月のことば 生のみが我らにあらず 死もまた我らなり はコメントを受け付けていません。

2020年1月のことば 人も草木も虫も 同じものは一つもない おなじでなくて みな光る

   生い立ち 今月のことばは、榎本栄一さんの著『念仏のうた 光明土』(樹心社)に見られる言葉です。原文は次のようになっています。    いのちの饗宴 ―天上天下唯我独尊- 人も 草木も 虫も 同じものは一つもうまれない … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2020年1月のことば 人も草木も虫も 同じものは一つもない おなじでなくて みな光る はコメントを受け付けていません。

2020年表紙のことば 悲しみの深さのなかに 真のよろこびがある

先生との思い出 毎年、真宗十派が加盟する真宗教団連合によって「法語カレンダー」が出版されています。 去る二〇一九年五月一日、元号がそれまでの「平成」から「令和」に代わりまし た。この「令和」は、『万葉集』に載っている文か … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2020年表紙のことば 悲しみの深さのなかに 真のよろこびがある はコメントを受け付けていません。