法語カレンダー解説」カテゴリーアーカイブ

2023年2月のことば 世の中に最も度し難いものは 他人ではない この私

一宗の繁昌 二月のことばは、浄土真宗本願寺派勧学の稲城選恵和上(一九一七-二○一四)の言葉です。和上は、現在の広島県呉市音戸町にお生まれになり、一九四五(昭和二十)年に龍谷大学文学部を卒業し、翌年に浄土真宗本願寺派光蓮寺 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2023年2月のことば 世の中に最も度し難いものは 他人ではない この私 はコメントを受け付けていません

2023年1月のことば この世のことは 何事も何事も お念仏の助縁

救いの助縁 一月は、元龍谷大学学長の信楽峻麿先生(一九二六-二○一四)の「この世のことは、何事も何事も、お念仏の助縁」という言葉です。先生は、現在の広島県東広島市の浄土真宗本願寺派教円寺にお生まれになり、龍谷大学文学部、 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2023年1月のことば この世のことは 何事も何事も お念仏の助縁 はコメントを受け付けていません

2023年表紙のことば 親鴬聖人の出現は私一人のためであった

難信・難聞の教え 本年の法語カレンダー(表紙)は、横超慧日先生(一九〇六-一九九六)の言葉からはじまります。先生は、現在の愛知県二呂市にある真宗大谷派の願行寺に生まれ、東京帝国大学(現・東京大学)の印度哲学科に入学されて … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2023年表紙のことば 親鴬聖人の出現は私一人のためであった はコメントを受け付けていません

2022年法語カレンダー あとがき

あとがき 親鸞聖人御誕生八百年・立教開宗七百五十年のご法要を迎えた一九七三(昭和四十八)年に、真宗教団連合の伝道活動の一つとして「法語カレンダー」は誕生しました。門信徒の方々が浄土真宗のご法義を喜び、お念仏を申す日々を送 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2022年法語カレンダー あとがき はコメントを受け付けていません

2022年12月のことば いただきますと 合掌するのは 感動の表現である

あいさつの大切さ 十二月のことば「いただきますと合掌するのは感動の表現である」について昧わってみます。 私の寺からいくらも離れていない所に、同じ浄土真宗本願寺派の万福寺(渓間和美住職)があります。このお寺はかつて大阪市内 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2022年12月のことば いただきますと 合掌するのは 感動の表現である はコメントを受け付けていません

2022年11月のことば たとえ一人になるうとも 仏はあなたと共にある

「フッドーバイ」という言葉の由来 一九九一(平成三)年に発刊された『ブッドーバイーみほとけのおそばにI』(百華苑)という題名の本を手元においています。これは、その前年に五十歳で往生された雪山隆弘師の遺稿集です。この本の題 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2022年11月のことば たとえ一人になるうとも 仏はあなたと共にある はコメントを受け付けていません

2022年10月のことば 悲しみあるがゆえに よろこびあり 煩脳あるがゆえに 菩提あり

人生のめぐり合わせ 十月のことぼは、「悲しみあるがゆえによろこびあり煩悩あるがゆえに菩提あり」 です。人生はI度きりです。それだけに誰もがそれぞれの人生を楽しく、よろこびいっぱいの幸福な人生であることを追い求めながら、生 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2022年10月のことば 悲しみあるがゆえに よろこびあり 煩脳あるがゆえに 菩提あり はコメントを受け付けていません

2022年9月のことば 手を合わせ 仏さまを拝むとき わたしのツノを 知らされる

中学生はがき通信 私の父は、一九七三(昭和四十八)年一月から二〇〇三(平成十五)年四月まで、毎月一回、近隣の中学生を対象に「中学生はがき通信」というたよりを送っていました。はがきの裏面には、中学生に向けたメッセージを一目 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2022年9月のことば 手を合わせ 仏さまを拝むとき わたしのツノを 知らされる はコメントを受け付けていません

2022年8月のことば 我が身を深く 悲しむ心に 仏法のことばが響く

はじめに 宮城顎先生は、一九三二昭和六)年、京都でお生まれになりました。真宗大谷派の教学研究所長や九州大谷短期大学の教授を歴任され、浄土真宗の教えをわかりやすく伝える書物も多数出版されています。八月のことばは、そのなかの … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2022年8月のことば 我が身を深く 悲しむ心に 仏法のことばが響く はコメントを受け付けていません

2022年7月のことば この心も身も全部 如来からの いただきもの

はじめに   七月のことばは、宗教学者で大阪大学の教授をしておられた大峯産先生の著作からです。 大峯先生は、著書『本願海流』(本願寺出版社)のなかで、   とにかく、身体は私のものではないというのが仏教の精神で … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2022年7月のことば この心も身も全部 如来からの いただきもの はコメントを受け付けていません