カテゴリー別アーカイブ: くらしの仏教語辞典

寿命 くらしの仏教語辞典

日本人の平均寿命の高さは世界一位を続けています。 死亡率も低く、100歳以上の老人の数も増え続け、日本は世界一の長寿国です。 おめでたいことです。 しかし、その反面、少子高齢化が進み、年金問題や介護問題などの諸難題が起こ … 続きを読む

カテゴリー: くらしの仏教語辞典 | 寿命 くらしの仏教語辞典 はコメントを受け付けていません。

もったいない くらしの仏教語辞典

世界中に広がるMOTTAINAI ノーベル科学賞(2002年)を受賞した田中耕一氏は、「私の発見は、失敗後も<捨てるのはもったいない>と実験を続けたことから生まれた」と話し、「もったいない」が一躍有名になりました。 ノー … 続きを読む

カテゴリー: くらしの仏教語辞典 | もったいない くらしの仏教語辞典 はコメントを受け付けていません。

悪事千里を走る -くらしの仏教語辞典-

戦争が勃発すると、戦場の悲惨な場面を逐一茶の間のテレビに映し出すようになったはじめは、1991年の湾岸戦争でした。この戦争の特徴は、ハイテクの使用とテレビ戦争でした。 以来、2001年のアメリカ同時多発テロ事件のときには … 続きを読む

カテゴリー: くらしの仏教語辞典 | 悪事千里を走る -くらしの仏教語辞典- はコメントを受け付けていません。

お蔭様 -くらしの仏教語辞典-

 「お蔭様で」は、感謝の心を表す日常語です。お蔭とは、神仏の助けや加護のことで、そこから、人から受ける恩恵や力添えをいうようになりました。  王舎城(おうしゃじょう)に住んでいたシンガーラカは、亡父の遺言によって、毎朝、 … 続きを読む

カテゴリー: くらしの仏教語辞典 | お蔭様 -くらしの仏教語辞典- はコメントを受け付けていません。

諸行無常 -くらしの仏教語辞典-

 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」 『平家物語』の語り出しの有名な一句です。  インドの祇園精舎には無常堂があり、その四隅の軒にさげられている鐘は、修行僧が命を終わろうとするとき「諸行無常(しょぎょうむじょう)」 … 続きを読む

カテゴリー: くらしの仏教語辞典 | 諸行無常 -くらしの仏教語辞典- はコメントを受け付けていません。

過去・現在・未来 -くらしの仏教語辞典-

 過去・現在・未来は時の流れを表す日常語です。  仏教では、これを「三世(さんぜ)」といいます。過去は過ぎ去ったもの、現在は生起したもの、未来はいまだ来ないものという意味です。  三世は過去・現在・未来のほかにも。前世・ … 続きを読む

カテゴリー: くらしの仏教語辞典 | 過去・現在・未来 -くらしの仏教語辞典- はコメントを受け付けていません。