北海道・強制労働犠牲者 朝鮮人の遺骨奉還 市民による追悼会とお見送りのご案内

戦時下、北海道で強制労働の犠牲となった朝鮮人の「遺骨奉還 70年ぶりの里帰り」が9月11日から実施されます。北海道を出発し、17日に下関で法要・追悼会後、関釜フェリーにて朝鮮半島へとお帰りになります。(以下パンフレット参照)

多くの朝鮮人が最初に降り立った異国の地、関釜連絡船の発着地・下関での最後のお見送りに、市民の皆さん、ぜひご参加ください。

 

 

■下関のお見送り ―法要・追悼会―

日時:9月17日(木)13時30分~

場所:光明寺 山口県下関市細江町1丁目7-10 TEL:083-222-0156

光明寺へのアクセス方法はこちら≫

 

 

■呼びかけ

「長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会」 宇部市常磐町1-1-9 宇部緑橋教会内

「山口県朝鮮人強制連行真相調査団」 下関市長崎本町1-25

 

 

■協力団体

日本とコリアを結ぶ会―下関

 

↓画像をクリックすると拡大します。

 

カテゴリー: お知らせ, 行事   パーマリンク

コメントは受け付けていません。