カテゴリー別アーカイブ: 法語カレンダー解説

表紙のことば 仏恩ふかく おもいつつ つねに弥陀を 念ずべし

SA201701-1

和讃を味わうご縁に 二〇一七(平成二十九)年の法語カレンダーでは、ご和讃をともに味わうご縁とさせていただくこととなりました。 「和讃」とは和語による仏教讃歌ということで、平安時代の中頃から作られるようになりました。今様歌 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 表紙のことば 仏恩ふかく おもいつつ つねに弥陀を 念ずべし はコメントを受け付けていません。

2017年2月 如来すなわち 涅槃なり 涅槃を仏性と なづけたり

IMG_20170203_0017

さとりの表現 二月の法語は、『浄土和讃』の第九十三首前半の二句ですが、まずはこの和讃の全四句とその現代語訳をうかがいましょう。 如来(にょらい)すなはち涅槃(ねはん)なり 涅槃を仏性(ぶっしょう)となづけたり 几地(ぼん … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2017年2月 如来すなわち 涅槃なり 涅槃を仏性と なづけたり はコメントを受け付けていません。

2017年1月 無明の闇を 破するゆえ 智慧光仏と なづけたり

IMG_20170131_0002_NEW

「智慧光」のはたらき 一月の法語は、『浄土和讃』の中の冒頭、「讃阿弥陀仏偶和讃(さんあみだぶつげわさん)」第九首のはじめの二句です。まず、その全四句とその現代語訳をうかがいましょう。 無明(むみょう)の闇(あん)を破(は … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2017年1月 無明の闇を 破するゆえ 智慧光仏と なづけたり はコメントを受け付けていません。

2016年12月 世のもろびとよ みなともに このみさとしを 信ずべき

12houwa

正信儡の結び 「ひかりといのちきわみなき 阿弥陀ほとけを仰がなん」からはじまった「和訳正信喝」は、いよいよこの法語をもって締めくくられていきます. ここは本文最後の二句「道俗時衆共同心(どうぞくじしゅぐどうしん) 唯可信 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2016年12月 世のもろびとよ みなともに このみさとしを 信ずべき はコメントを受け付けていません。

2016年11月 さとりの国に うまるるは ただ信心に きわまりぬ

img_20161029_0012_new

煩悩が転ぜられるはたらき 今月は親鸞聖人の恩師法然房源空聖人のご功績を讃えられるところです。「正信偈」本文の「生死輪転(しょうじりんでん)の家に還来(かえ)ることは、決するに疑情(ぎじょう)をもって所止(しょし)とす。 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2016年11月 さとりの国に うまるるは ただ信心に きわまりぬ はコメントを受け付けていません。

2016年10月 まどいの眼には 見えねども ほとけはつねに照らします

00

今月の法語は、ヒ高僧の第六祖、源信和尚を讃仰された「正信渇」本文、「煩悩障眼雖不見 大悲無倦常照我(ぼんのうしょうげんすいふけん だいひむけんじょうしょうが)」一煩悩(ぼんのう)、眼(なまこ)を障(さ)へて見たてまつらず … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2016年10月 まどいの眼には 見えねども ほとけはつねに照らします はコメントを受け付けていません。

2016年9月一生悪を 作るとも 弘誓に値いて 救わるる

8月

今月の法語は、「正信偈」にある「一生造悪生造悪値弘誓 至安養界証妙果」〔一生悪を造れども、弘誓に値ひぬれば、安養界に至りて妙果を証せしむといへり。〕 (『註釈版聖典』二〇六頁)のおこころを詠われたものです。これは、七高僧 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2016年9月一生悪を 作るとも 弘誓に値いて 救わるる はコメントを受け付けていません。

2016年8月 まどえる身にも 信あらば 生死のままに 涅槃あり 法語カレンダー解説

8月

凡夫と白蓮華 先月の法語では、往相(浄土へうまれること)と還相(浄土から、衆生を救うためにこの娑婆世界に還ってくること)はすべて阿弥陀如来のご本願のはたらき、すなわ ち他力であると、阿弥陀如来のはたらきが讃えられました。 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2016年8月 まどえる身にも 信あらば 生死のままに 涅槃あり 法語カレンダー解説 はコメントを受け付けていません。

2016年7月 往くも帰るも他力ぞと ただ信心をすすめけり 法語カレンダー解説

hougo201607

第三祖・曇鸞大師   今月の法語は、七高僧の第三祖であります曇鸞大師(四七六~五四二)の教えを称えられたご文の意訳です。これは、「正信偈」のなかの、   往還回向由他力(おうげんねこうゆたりき) 正定 … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2016年7月 往くも帰るも他力ぞと ただ信心をすすめけり 法語カレンダー解説 はコメントを受け付けていません。

2016年6月 ただよくつねに み名称え ふかきめぐみ こたえかし 法語カレンダー解説

201606

ほんとうのことば   今月のことばは、親鸞聖人の「正信偈」の「唯能常称如来号(ゆいのうじょうしょうにょらいごう)応報大悲弘誓恩(おうほうだいひぐぜいおん)」〔ただよくつねに如来の号を称して、大悲弘誓の恩を報ずべ … 続きを読む

カテゴリー: 法語カレンダー解説 | 2016年6月 ただよくつねに み名称え ふかきめぐみ こたえかし 法語カレンダー解説 はコメントを受け付けていません。